学科試験

一級建築士試験

一級建築士構造力学徹底対策②:静定トラスの2つの解法と問題別オススメの解法とは

一級建築士試験の構造力学で毎年必ず出題されている「軸力トラスの軸力を求める問題」を節点法、切断法の2つの方法で解説します。 この記事を見れば、節点法と切断法による解き方、結局どちらの解き方がいいのかが分かるようになります。 構造力学を得点源にしたい人、一級建築士試験を独学で受験予定の人はぜひご覧さい。
一級建築士試験

一級建築士構造力学徹底対策①【本試験を徹底分析】毎年必ず出題されている問題とは

学科Ⅳ:建築構造は建築法規と同様、配点が30点と最も高く、合格するためには攻略必須の科目です。 30点のうち、最初の6-7問はいわゆる「構造力学」に関する問題が出題されます。 本ブログでは今回から「構造力学徹底対策」と題して、本試験で出題された構造力学の問題を徹底解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました